旅から学ぶ価値観の多様さと成長

国内外を問わず見知らぬ土地を訪れることは、楽しいワクワク感と共に、一種の不安もつきまとうのが本音ではないでしょうか。
いくら完璧にスケジュールを組んでいても、どんなハプニングが起こるかわからないからです。挑戦と冒険の数々が、目の前に待ち構えているといっても過言ではありません。
旅をしていると、まず不慣れな環境にうまく適応していく必要があります。見知らぬ人たちとの関わりの中で、自分の内面と深く向き合ったり、自分の新たな一面に出くわしたりすることもあるでしょう。それは、今まで自分が知らなかった能力や、欠点かもしれません。

その代わり、旅中の不測の事態を克服したり、楽しんだりする過程の中で、一回りも二回りも成長していけます。つまり、旅によって自信がつき、たくましくなっていくのです。
時に、以前思い描いていた景色が、旅先では違って見えることに対する驚きや、異国で言葉が通じることの喜びなどは、何ものにも代えがたい貴重な経験になります。経験は目に見えませんが、自身の生きるための知恵と財産として、心に深く刻み込まれていくでしょう。
また、異なる文化に触れることで、価値観も豊かになっていきます。
はじめは価値観が異なることに対して、ためらいが生まれこともありますが、旅をする過程で少しずつ受け入れていけるようになるのです。そこからたくさんの学び、気づきを得ます。それが、まさに旅の醍醐味といえるのではないでしょうか。